アロエの育て方

アロエの生命力はとても強いので、意外に育てやすいようです。

アロエは丈夫ですので特に手入れをする必要はありませんが、それでもアロエを育てるための注意すべきことはあります。

アロエを育てるポイントは、年間を通して直射日光に良くあててやる事と、2年に一回は植え替え耐寒性(0℃〜3℃)に気を付けることです。

アロエを植えるには、成長が止まらないように幾分大きめの鉢に入れ、水はけのよい土を腐葉土(8:2程度)とあわせたものにアロエを植えてやります。

アロエの水やりでは暑い時期は2〜3日間くらいで、土の表面がかわけばタップリとかけてやり、冬場は10〜1ケ月に一度程度でも構いません。

アロエへの肥料は有機肥料を与えるようにしますが、あまり与えすぎないように注意し、たまには油かすなどを少しあたえるとよいようです。

アロエの病気は特にはないようですが、カイガラムシやアブラムシなどの害虫が、春から秋にかけて付きますので、アロエの葉に白い虫を見つけ次第に、歯ブラシやハケを使ってこすり落としましょう。

またアロエは株分けとさし木で増やせますので、親株の周りに子株が出来たら株分けをするとよいでしょう。
posted by ドンドコ at 09:38 | アロエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロエの薬用効果

アロエの別名は「医者いらず」とも呼ばれており、アロエは幅広い病気や健康維持に効能を発揮しています。

ただし、全てのアロエに薬用効果成分が含まれているわけではなく、キダチアロエとケープアロエ以外の観賞用アロエには薬用効果成分は含まれていません。

主にアロエに含まれる成分としては、毛細血管を軟らかくし血圧を低下させ、大腸の善玉菌を活性化させて腸のぜん動運動を活性化させるアイロン、潰瘍などの胃や十二指腸の粘膜に効くアロエウルシン、胃酸の分泌をコントロールするアロエニンなどがあります。

その他にもアロエは、昔から火傷やスリ傷・外傷による炎症を抑制し、アンシュリン分泌を促し血糖を正常に戻そうとするため、糖尿病への予防・改善の効果がありますし、アロエにはその他にも様々な効用があります。

また、アロエには免疫力を高める働きがあることから、ガンの予防にも役立つとされているようです。

しかしアロエに薬用効果があるといっても、一定年齢以下の小児や妊娠中・授乳中などの女性と、長期に連続した多量のアロエの摂取は十分な注意が必要です。

posted by ドンドコ at 09:37 | アロエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロエについて

アロエはユリ科アロエ属で、葉・茎・根の内部の柔組織に水を貯蔵する多肉植物の総称ですが、分類体系によってはアロエ科やツルボラン科のどちらかに分類されます。

アロエは現在までに約300種以上が確認されており、アロエの原産はアフリカ大陸南部や東南部、マダガスカルに集中しています。

アロエは日本でも多く栽培されており、観賞用のアロエとしてはキダチアロエが多く、暖かい土地では外でも十分に育ち、冬になると縦に細長い赤橙色の花をつけます。

またアロエは内部にゼリー質を持つ事から、アロエベラは食用として用いられ、よくスーパーなどの食品売り場では、アロエ入りヨーグルトなどが商品として並べられています。

アロエはそのまま口に入れるとかなり苦いため、元々の語源のアラビア語ではロエ(苦い)と呼ばれていたようですが、最近ではアロエの加工技術も進んできたために、他の食品とアロエを混ぜ合わせても苦味を感じないように工夫されています。

国内で多く栽培されているアロエは、観賞用のキダチアロエと食用のアロエベラがありますが、その他にはアロエ・サボナリアやアロエ・不夜城などの種類があります。

posted by ドンドコ at 09:36 | アロエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。